カーテン・ラグはお部屋全体の印象を左右するため、「どう組み合わせればいいの?」「失敗したくない」とお悩みの人も多いのではないでしょうか。本記事では、カーテン・ラグの色選びのポイントやコーディネート例、お部屋別おすすめのカラーなどを紹介します。「自分の部屋にぴったりのカーテン・ラグの組み合わせを知りたい」という人は、ぜひ参考にしてください。

カーテン・ラグの組み合わせを考える前に

お部屋のコーディネートを成功させるために、押さえておくべき基本的なポイントを解説します。

まずはお部屋のテイストを決めよう

どのような雰囲気のお部屋にしたいかという方向性が決まっていないと、テイストに統一感のないアイテムを選んでしまい、まとまりに欠けたコーディネートになりがちです。

たとえば、「ナチュラル系がいい」「北欧風にしたい」など、理想のお部屋のイメージを固めてからアイテム選びに入りましょう。具体的に思いつかないという場合は、素敵だと感じるインテリアの画像を集めてみて、イメージを膨らませるのもおすすめです。

配色の黄金比率を知ろう

お部屋のカラーコディネートを考えるときには、インテリア配色の黄金比率といわれる「ベースカラー:メインカラー:アクセントカラー=70:25:5」を参考にすると、きれいにまとまります。

色の種類 割合(%) 要素
ベースカラー 70 天井、床、壁 など
メインカラー 25 カーテン、ソファ、ラグ、キャビネット など
アクセントカラー 5 クッション、ランプシェード、絵画 小物類 など

ベースカラーは空間の大部分を占めるため、ベージュやアイボリーなどの落ち着いた色が一般的です。メインカラーはお部屋の主役となる色です。お気に入りの家具の色をメインカラーとして、全体のコーディネートを考えるのもいいでしょう。アクセントカラーは差し色としてお部屋にメリハリを与えてくれます。思い切ってビビッドな色を取り入れるのがおすすめです。

色数が多い場合は、メインカラーを分割するのがおすすめ

お部屋に3色以上のカラーを取り入れたい場合は、色の割合を分割します。このとき、基本的にはベースカラーの配分は変更せずに、メインカラーを分割すると全体のまとまりがよくなります。

ただし、メインカラーを増やしすぎると統一感を保ちにくくなり、コーディネートの難易度が上がるため注意しましょう。メインカラーを1色か2色におさめるか、色を増やすなら同系色や類似色を選ぶとまとめやすいです。たとえば、メインカラーのネイビーにもう1色加えたい場合は、水色を選ぶといったイメージです。

これで失敗知らず!カーテン・ラグの色選び4パターン

ここでは、カーテン・ラグの色選びのポイントを解説します。どれも簡単に取り入れられるので、ぜひ参考にしてください。

1.同系色で選ぶ

同系色とは、1つの色において、明るさや鮮やかさが異なる色のことです。

同系色のメリットは、どのような色でも簡単に統一感を出せる点にあります。一方で、明度・彩度の差が小さい色を選ぶと、メリハリのない印象につながるため、注意しましょう。

なお、色は明度が高いほど軽い印象を与え、低いほど重厚感のある印象を与えます。同系色でカーテン・ラグを選ぶ場合は、明度の高い色をカーテンに、低い色をラグに使うことで、広く開放感のある雰囲気になります。

2.類似色で選ぶ

類似色とは、色相環で隣り合う3つの色を指します。

・類似色のカラーパレット例

類似色は色相が似ているため、同系色と同様にバランスがとりやすく、お部屋全体をすっきりとまとめられる点が魅力です。一方で、似たような色を同じくらいの配分で使うと、やや面白みに欠けた印象になってしまいます。カーテン・ラグをメインカラーとして、同じ明度の色味を使った場合は、小物などアクセントカラーの明度を抑えるなど、配色の黄金比率を守って、色の分量でメリハリをつけることをおすすめします。

3.補色で選ぶ

補色とは、黄色と青のように色相環で正反対の位置にある色です。

・補色のカラーパレット例

補色はコントラストが強く、お互いを引き立て合うため、鮮やかな色使いを好む人におすすめです。ただし、カーテンとラグの両方に明度・彩度の高い色を選ぶと、色の刺激が強すぎて落ち着かない印象になってしまいます。カーテンとラグのどちらかは明度・彩度の低い色味を選ぶなど、色のトーンと配色比率で全体の色のバランスを調整すると、センスよく仕上げられます。

4.トライアド配色で選ぶ

トライアド配色とは、たとえば青・黄・赤のように、色相環で正三角形の位置にある3色を指します。

・トライアド配色のカラーパレット例

自然と暖色・寒色・中性色が含まれるため、3色のバランスがよいといわれ、補色よりも調和させやすく、類似色ほどまとまりすぎない点がメリットです。カーテンは色柄のバリエーションが豊富であるため、カーテンの柄で3つの色を取り入れ、そのうち1色とラグの色をリンクさせるなどの工夫で、コーディネートに統一感が増します。

カーテン・ラグに柄物を使うときのポイント

カーテン・ラグはには、さまざまな柄がありますが、「あわせるのが難しそう」と感じる人もいるのではないでしょうか。柄物を上手に取り入れるコツについて解説します。

面積・色数をおさえる

カーテンとラグは、どちらもお部屋のなかで面積が大きいアイテムです。そのため、両方を柄があるものにすると、場合によっては統一感に欠けた印象につながります。

たとえば、カーテンが柄物なら、ラグは無地にしたり、面積の小さいものを選んだりと、全体のバランスを意識してコーディネートしましょう。どちらも柄物で面積が多い場合には、他の家具と同系色でまとめると、お部屋の雰囲気に統一感が出ます。

カーテンはドレープ×レースの組み合わせで選ぶ

「柄カーテンはかわいいけど、勇気が出ない」という人には、無地のドレープカーテン×柄レースカーテンの組み合わせがおすすめです。気分にあわせてドレープカーテンを開け閉めすることで、手軽にお部屋の雰囲気を変えられます。ドレープカーテンとレースカーテンの色味をあわせれば、コーディネートも難しくありません。

・コーディネート例

カーテン・ラグのコーディネート例

ララカーテンおすすめのカーテンを使ってそれぞれの配色パターンの具体的なコーディネート例を紹介します。

1.同系色のコーディネート

・グレーのカーテン×ダークグレーのラグ
大きなダリアの花がプリントされた淡いグレーのカーテンに、濃いチャコールグレーのラグをあわせて、シックにまとめています。

・ライトグレーのカーテン×グレーのラグ
ゆったり大きな波のようなデザインの淡いグレーのジャガードカーテンに、ダークグレーのラグをあわせて、落ち着きのあるシックな印象にまとめました。

・ブラウンのカーテン×ベージュのラグ
光沢差で表現したストライプ柄のブラウンのカーテンに、淡いベージュのラグをあわせた優しい雰囲気のコーディネートです。

・アイボリーのカーテン×ダークブラウンのラグ
チュラルな雰囲気のベージュのカーテンに、ダークブラウンのラグをあわせています。カーテンに淡い色、ラグに濃い色を使うことで、視線が床に集まり、開放的な空間を演出します。

2.類似色のコーディネート

・リーフグリーンのカーテン×ブラウンのラグ
優しい色のグリーンの無地カーテンに、ブラウンのラグをあわせたコーディネートです。アースカラーの組み合わせでナチュラルな雰囲気にまとめています。

・グリーン系のレースカーテン×ブラウンのラグ
様々なグリーン・ブルー系の六角形がプリントされたカーテンに、ブラウンのラグをあわせています。色味は落ち着いているものの、カーテンの柄により個性的な雰囲気に仕上がっています。

3.補色のコーディネート

・イエローのカーテン×ブルーの柄が入ったラグ
明るいイエローのカーテンに、差し色としてブルーが入ったラグの組み合わせです。ラグに使われたブルーの面積が小さいため、ビビッドになりすぎず、優しい雰囲気です。

・イエロー・ブルーのカーテン×ライトグレーのラグ
イエロー系×ブルー系と補色の花柄が入ったカーテンに、ライトグレーのラグをあわせたコーディネートです。柄の個性を活かすため、他のアイテムは色味をおさえてシンプルにまとめています。

・ネイビーのカーテン×ダークブラウンのラグ
遮光3級無地カーテンと無地のラグの組み合わせ。補色関係にある濃い色同士のカーテンとラグをあわせて、落ち着きのある雰囲気に仕上げました。

4.トライアド配色のコーディネート

・ブルー・パープル系のカーテン×イエローのラグ
パープルとブルーやグリーン系で構成されたデザインボイルカーテンに、黄色系の無地のラグを組み合わせています。ファブリックや植物、小物などはグリーン・ブルーをメインカラーとして揃え、アクセントカラーとしてラグの黄色を取り入れることで洗練された雰囲気に仕上げました。

・ブラウン・ブルー系のカーテン×ブルー系のラグ×ライムグリーンの小物
ブラウンとブルーのチェック柄カーテンに、ラグのブルーをリンクさせたコーディネートです。さらにクッションでライムグリーンを取り入れているのがアクセントになっています。

お部屋の用途別・おすすめカラー

カーテン・ラグはお部屋の印象を左右するため、お部屋の使い方にあわせて選ぶことも大切です。お部屋の用途ごとに、色選びのポイントを紹介します。

ワンルーム

ワンルームや小さめのスペースでは、カーテン・ラグの色がお部屋の開放感に影響するため、慎重に選びましょう。赤などの暖色は進出色と呼ばれ、空間を狭く感じさせます。一方で、青などの寒色や白は後退色と呼ばれ、空間を広く感じさせる効果があります。

このため、ワンルームのカーテンは暖色を避けて、白系や淡い寒色を選ぶのがおすすめです。また、ラグは床や家具の色となじむものを選びましょう。

リビング

家族や来客が集まるリビングでは、皆が居心地よく感じられることが大切です。このため、カーテン・ラグに、原色など刺激の強い色をメインで使うのは避けたほうがよいでしょう。リビングのカーテン・ラグには、リラックス効果があり穏やかな印象を与えるグリーン系や、安心感・温もりを感じさせるブラウン・ベージュ系がおすすめです。他の色味を加えたいという場合は、小物などでアクセントカラーを取り入れましょう。

寝室

寝室は心を落ち着けて休息するための場所であるため、リビング同様、刺激の強い色は避けましょう。特に、赤は気分を興奮させる作用があり、寝室には向きません。また、明度が低く暗すぎる色も、圧迫感や気分の沈みにつながる可能性があります。

寝室のカーテン・ラグには、鎮静作用や睡眠促進の効果があるブルー系や、リビングと同様にグリーン系やブラウン・ベージュ系で、柔らかい色味を選ぶとよいでしょう。

子供部屋

小さい子供の部屋には、カーテン・ラグはカラフルで楽しいデザインを選びましょう。「元気」「楽しい」といった印象を与えるイエロー系や、やる気を促進するレッド系などがおすすめです。

ただし、子供が成長してからも使い続けたい場合は、落ち着いた色味のほうが長く使えます。心を落ち着かせ、集中力を高める効果のあるブルー系などは勉強部屋にも適しています。子供自身が気に入ることも重要であるため、一緒に選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

カーテン・ラグはお部屋のなかで占める面積が大きく、色柄のバリエーションも豊富なため、選ぶ際には迷う人も多いでしょう。そのようなときは、理想のお部屋のイメージを思い浮かべつつ、配色比率を守って選びましょう。本記事で紹介した組み合わせのパターンも、ぜひ参考にしてください。

ララカーテンは、色・柄・デザイン豊富なカーテンを、お手頃な価格で提供しています。ROKUをはじめ、オリジナルデザインのボイル・レースカーテンも幅広く展開しています。国内縫製にこだわり、丈の指定も1cm単位で可能なので、お部屋にぴったりのカーテンが見つかります。ぜひチェックしてください。

カーテンの購入はこちら

レースカーテン LACE CURTAIN

カーテン DRAPE CURTAIN

レースとドレープのセット LACE&DRAPE SET

よくある質問 Q&A

読み物 COLUMN

PAGE TOP