近年、DIYの人気が高く、カーテンレールを自分で取り付ける方が増えています。カーテンレールは、窓枠の内側、外側に付ける2種類の方法があります。この記事では、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。デメリットの解消方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

カーテンの取り付け方法

カーテンおよびカーテンレールの取り付け方には、カーテンレールを窓枠の外側に付ける「正面付け」と、窓枠の内側に付ける「天井付け」の2種類があります。取り付け方法により、レールを取り付ける金具やカーテンを取り付けるフック、カーテンのサイズが異なります。下記ではそれぞれについて詳しく解説します。

カーテンの「天井付け」と「正面付け」の違い

カーテンの取り付け方法は、取り付ける位置以外にも異なる部分があります。ここでは、それぞれの特徴について解説します。

カーテンに使用する「Aフック」と「Bフック」について

カーテンを取り付けるフックには、カーテンレールを見せる「Aフック(天井付け)」とカーテンレールを隠す「Bフック(天井付け)」の2種類があります。「Aフック」は、カーテン上部がカーテンレールと干渉しないため、レールの種類を選ばずに使用できます。「Bフック」は、カーテンレールを見せたくない場合に利用することが多いフックです。

カーテンの「天井付け」

天井付けは、窓枠の内側、またはカーテンボックス内にカーテンレールを取り付けることです。カーテンをレールから吊り下げる状態になる「Aフック」を使用します。

天井付けのカーテンレールは窓側の内側やカーテンボックス内に取り付けるため、両端に飾りがついたような装飾性レールは使用できません。どんな環境にも対応できるシンプルな機能性レールを設置しましょう。

カーテンの「正面付け」

正面付けは、窓枠よりも左右に10㎝ほど長いカーテンレールを、窓枠の外側に取り付けることです。「Bフック(正面付け)」を使用すると、レール部分を隠してカーテンを吊ることができます。「Aフック」の場合と比べると、レールを隠す分だけカーテンの布地が必要となり、カーテン自身の一番上から裾までの長さは3~4㎝ほど長くなります。注文する際に注意が必要です。

※前後にカーテンとレースカーテンを吊るカーテンレール(ダブル付け)の場合、正面付けの場合でも窓側のカーテンは「Aフック」にします。カーテンレールを取り付ける「ブラケット」とカーテンがぶつからないようにするためです。

※ララカーテンではAフックを標準仕様としていますが、Bフックの対応も可能です。お問合せください。

カーテンを窓枠の内側に付けるメリット・デメリット

カーテンを窓枠の内側やボックスに吊り下げるメリットとデメリットについて、それぞれ解説します。

メリット

カーテンレールを窓枠内に取り付けるとカーテンも枠内におさまります。カーテンと壁面がフラットになり、窓周りの印象がすっきりします。カーテンやカーテンレールが飛び出ないため、家具やエアコンなどの設置に影響しにくい点がメリットです。

デメリット

窓枠をしっかり採寸してカーテンを選んでも、カーテンを閉じた場合に上下左右に隙間ができやすくなります。隙間があると、屋外から窓を見た時に光が漏れてみえるだけでなく、断熱効果の低下にもなるでしょう。すっきり見える反面、カーテンを開けたときにカーテンのたまりが窓枠内になるため、開口が小さくなります。また、窓とカーテンの距離が近いため、結露が発生した場合、カーテンが濡れてカビが発生しやすいといったデメリットもあります。

天井付けのデメリットを解消する方法

カーテンを天井付けした場合に発生するデメリットは、以下の方法で解消できます。

カーテンボックスを取り入れる

カーテンボックスとは、カーテンレールやカーテンの上部を隠すボックスです。カーテンレールと一体化したものや、分譲マンションに多い天井に埋め込むタイプなどがあります。カーテンボックスがあると隙間が減少するため、光漏れ防止とともに断熱効果も期待できます。

正確に採寸する

カーテンレールやカーテンのサイズは、窓の大きさに合わせて正確に採寸することが、デメリットの解消方法です。

カーテンレールの長さは、窓枠の内側から左右共に0.5cm短くしましょう。正確な採寸が、遮光性や断熱性の向上につながります。カーテンの丈サイズは、レールの位置を調整しにくいため正確に採寸しましょう。幅サイズはゆとりをもった大きさにすることで隙間を減らすことができ、断熱効果にもつながります。

カーテンを窓枠の外側に付けるメリット・デメリット

カーテンレールを正面に取り付けて、カーテンを窓枠の外側に吊り下げる場合のメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

カーテンを窓枠の外側から吊り下げるため、窓枠を全て覆い、光漏れしにくい、断熱効果を高めるといったメリットがあります。窓とカーテンの間に適度な隙間ができるので、結露が発生した際に、窓枠の内側にカーテンをつけるよりもカーテンが濡れる心配もないでしょう。

デメリット

窓枠の外側にカーテンレールを付けるため、カーテンレールの左右に15㎝前後の生地をためるスペースを確保しなければなりません。窓の近くに扉のある家具やエアコンを設置する場合に、カーテンレールやカーテンが妨げになる恐れもあります。

正面付けのデメリットを解消する方法

カーテンレールを設置する前に障害物になりそうなものを確認しましょう。カーテンレールや装飾キャップがエアコンやクローゼットの扉の開閉などの妨げにならないか、家具の配置についても考慮する必要があります。カーテンレールの長さをエアコンの側だけ短くするなど調整する場合があります。

「枠内付け」と「枠外付け」、それぞれに向く窓やお部屋とは?

使用場所や見せ方、目的によってカーテンとカーテンレールの取り付け方法は異なります。以下でおすすめのシーンを解説します。

(左側は天井付け・右側は正面付けで取り付けたカーテン)

窓枠外への取り付けが向くケース

窓を大きく見せたい場合

正面付けは、窓を大きく見せたい場合に向いています。カーテンレールが窓枠の外側になると、カーテンのたまりは窓にかかる部分が少なくなり、窓をより大きく感じることができます。

寝室の窓

カーテンを正面付けにすると、カーテンが窓全体を覆うため、光漏れを防ぎます。同時に遮光性も高くなるため、寝室の窓に取り入れると、よい睡眠につながりやすいといえるでしょう。

部屋の温度が気になる場合

快適な温度を保ちたい場合にも、正面付けがおすすめです。正面付けは、カーテンに隙間ができにくいため、暖気や冷気を遮断して冷暖房効果を高めることが期待できます。

窓枠内への取り付けが向くケース

近くに障害物がある窓

窓の近くに、クローゼットの扉やエアコンの設置を予定している場合には、枠内付け・天井付けがおすすめです。正面付けでは障害物になる家具やエアコンも、天井付けの場合影響しません。

部屋の入り口側面の窓

天井付けは、部屋の入り口横に窓があり、短い廊下のようなスペースがある場合にも適しています。カーテンが窓枠内におさまるため、出入りする際の妨げになりません。入り口側面の窓は、縦型のバーチカルブラインドの設置にも向いています。ただし、バーチカルブラインドは天井に下地がある場合のみ、設置が可能ため、注意してください。

まとめ

カーテンを自分好みに取り付けるには、カーテンレールを設置する場所が重要です。毎日開け閉めするカーテンに不具合があると、日々の生活にも何かと影響します。「天井付け」「正面付け」のメリット・デメリットをよく理解して、取り付けましょう。

ララカーテンでは、ROKUをはじめとしたオリジナルデザインのボイル・レースカーテンを、デザイン豊富に取り揃えています。日本国内で縫製し、1cm単位で丈が指定できるため、既製品にはないサイズも注文可能です。購入した方々から「思ったよりも安い」という声を頂いています。自宅の窓サイズにあうカーテンを探している人は、ぜひチェックしてください。

カーテンの購入はこちら

おすすめ機能性商品 FUNCTION

遮像・ミラーカーテン

遮光カーテン特集

注目&お買い得商品 FEATURED

レースカーテン LACE CURTAIN

カーテン DRAPE CURTAIN

よくある質問 Q&A

読み物 COLUMN

PAGE TOP